日本グランドシャンパーニュ official site




Nihon Grand Champagne, Inc official site

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

JAN CODE: 8437002537157

ピッタカム・バリカ 2016

参考価格(税込): 2,860
メーカーURL: http://www.terrasgauda.com/
Vinedos y Bodegas Pittacumはアルガンサに位置し、DOビエルソの美しく、不朽の景色の中にあるこの町はずっと昔からワイン造りをしている伝統があります。スペインのカスティーリャ・レオン地方の北西部に位置し、ガリシアに隣接。ビエルソは、丘の中腹の畑、独特のテロワールと先祖からのメンシア品種が植えられたブドウ畑によってその特徴が形作られています。


ピッタカムワイナリーは1990年終わりに地方の協同経営者のグループによって設立されました。彼らには、地元のブドウ品種であるメンシア種を使ったワイン造りがしたいという強い思いを持っていました。2002年、テラス・ガウダはピッタカムのマーケティングのパートナーとして、セールスやワイン造りに協力し、ワイン造りをしているEmilio Rodriguezをコンサルタントとしてビエルソチームに就任させ、ワイン造りのサポートをさせます。生産を増やし、設備を強化。ブドウを加工する設備は、近代的な建物で取り囲み、ワインは隣接した丈夫な石の家屋で熟成されます。ワイナリーでは、ワインのキャラクター作り、メンシア種や地元の気候のユニークな特徴をどのように表現したらいいのかを日々、探求しています。少なくとも50-80年の樹齢をもつブドウ畑からは、非常に優れたエレガンスや複雑性をもったワインができます。


ピッタカムは、現在マーケットで売られている多くのビエルソワインの中でもメンシアの外観が非常にリッチに仕上がっています。黒いフルーツの香り、チェリー、プラム、カラント、ブルーベリーやボイゼンベリーの香り。ドライハーブや芝、ローズペタル。口の中で感じるタンニン、シナモン、オールスパイス、クローヴなど樽からくる香り。この香りがでてくるまでには、しばらく時間がかかりますが、お肉料理にはまさに理想的な組み合わせです。


100%メンシアでエステート育ちのワイン。ピッタカムのブドウ畑は、渓谷の豊かな土壌、山の白亜土壌からの恩恵を受け、メンシア種のフレーバーに変化を与えています。この地方特有の穏やかで温暖な気候が伝統的にCastilleやRiojaより30日早い収穫を可能にしています。ブドウはピッタカムエステイトの50-80年の古木から収穫され、ワインはパワフルでストラクチャーがあり、アフターはフレッシュです。


ピッタカムはビエルソ渓谷のワインメーカーの知恵を終結した結果ともいえます。ブドウ畑は環境に優しく、持続可能な醸造技術を行っています。その結果100%メンシア種が濃縮されたワインができあがり、その味わいはとても素晴らしく、タンニンがシルキーでアフターが長くなります。



収穫:2016年9月上旬
生産量:約86000本
醸造:12㎏の箱に入った葡萄がワイナリーへ運ばれると、選果台に並べられ、一房ずつ選んでいきます。ステンレスタンクにて25℃以下の温度で約15日間発酵。1カ月間タンクに保管した後、220Lのフレンチオークとアメリカンオークで8カ月熟成。澱引きをし、ボトリング。
ボトリング後2年以上瓶内熟成。2018年冬よりリリース。



黒が混ざった濃い赤色。チェリー、プラム、カラント、ブルーベリー、ボイゼンベリーなどの熟した黒いフルーツの香り。ドライハーブや芝、ローズペタル。口の中で感じるタンニン、シナモン、オールスパイス、クローヴなど樽のニュアンス。エレガントな香りに活き活きとしたフレッシュな赤いフルーツ、スパイス、インクやミネラルのニュアンス。口当たりがよくジューシーで余韻は長め。様々な香りがでてくるまでには、しばらく時間がかかりますが、お肉料理にはまさに理想的な組み合わせです。グリルや煮込んだ肉料理、ジャガイモや魚、チーズやパスタ、パイ、しっかりと味付けをしたサラダなどによく合います。

Bodegas PITTACUM ~スペインの中の小さなブルゴーニュ、ビエルソのワイン~

ピッタカムとは、古代ローマで使用されていた37リットルほどの容量を持つ大型の土器の名称であり、このワイナリーを建設する際にピッタカムの土器の破片が発見されたことからブランド名の起源となりました。また、土器の破片と同時期に発見されたバッカス神のメダリオンからラベルに記載されている顔のデザインが取り入れられています。ピッタカムは、個性、信頼性、品質を3つのキーワードにワイン造りを行っているワイナリーです。ローカルエリアの気候や、ブドウ品質の特徴に関しての豊富な知識と経験をもとに、優れたブドウから個性的で品質のよいワインを造り続けています。

Vineyard

ピッタカムのワイナリーは、アルガンサにあり、町はずっと昔からワインを育て、ワインを製造している地域で、ビエルソ地区のとびきり美しい景色の中にあります。ビエルソは、山岳地帯の中の一連の小さい渓谷があり、ビエルソの中でも低い地区は広大で平らなくぼみがあり、この環境が作物のタイプを決めています。他の追随を許さない特徴を持つこの地域は、イベリア半島のワイン生産地よりもひときわ目立っています。




●栽培●
ピッタカムを造るときには、一番よいブドウをビエルソ地域の中から集めるところからはじめています。ブドウ園は、年間を通してその成長がモニタリングされ、古いブドウの樹(樹齢50-80年)を選び、貧しい土地で適切な生産速度で育てています。ブドウはメンシア種がベースです。メンシア種は、比較的早く熟すブドウで、肩の張った房の形状。果皮に厚みはなく、概観はシラーに似ています。ポリフェノールが少なく、アントシアニンも少ないけれど、色素はよく定着します。酸度は、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、テンプラニーリョなどに比べると低いのですが、ワインになったときには、フレッシュな酸味を感じます。土壌のタイプと斜面の傾斜の関係で、ブドウの性格が大きく変わるのがこの品種の特徴です。1ヘクタール当たり、4000-4500本の幹がある栽培密度。ブドウの樹は、ミディアムサイズにとどめ、小枝を自由に成長させています。化学的な除草剤や合成剤を使うのではなく、100%オーガニック肥料を使っています。畑の生物多様性を促進し、ブドウにとって理想的なミクロクリマを維持しています。



●収穫・醸造●
収穫されたブドウは、ワイナリーに運ばれ、標準以下の房を選り分けます。房から枝を取った後、果実やマストは発酵タンクの中に入れられます。15000リットル入るステンレススチールタンクは、ワイナリー専用で、ブドウから最後の1滴までも残らず抽出できるシステムになっています。それぞれのタンクには、温度調節器具が取り付けられ、果実の状態をコントロールすることが可能です。タンニンの選択的抽出は、マニュアルどおりに行われ、長期間マセレーションが行われます。樽に詰めている間は、毎日テイスティングを行い、ポリフェノール混合物の分析モニターを行います。ブドウは皮付きで縦プレスされ、ワインの品質を最適な状態にするために、低い圧力で作業は行われます。マロラクティック発酵は、一部はステンレススチールタンク内で、残りはオーク樽内で発酵させ、終了させます。



●熟成●
マロラクティック発酵後、ろ過あるいは清澄をします。そして、ワインは古いオーク樽へ移されます。このオーク樽も、それぞれのワインのタイプにあったものを選びます。大樽は、石の家屋内にあり、収穫毎に、ワインのタイプ別の特徴を引き出すため、日光を避け、理想的な気温と湿度にします。熟成後、ワインは白身を使って清澄され、その後、あらくろ過、瓶詰めされ、保存されます。




●ワインをはぐくむ気候●
この地域は、特別なミクロクリマを持っています。その穏やかでいて静か、そして温暖な気候が湿度により調節されており、ガリシアの湿度に似ています。しかし、カスティーリャの乾燥があるため、特徴的な水分バランスが維持されています。全体的にみると、標高が低いことが遅霜を防いでおり、早くブドウを収穫しているわりに、マイルドに仕上がっています。キャスティールやリオハの他の地域よりも収穫は通常1ヶ月早め。平均温度は12.3℃。冬季の平均最低気温は3.6℃。雨量は年間721mm。平均日照時間は、年間2100-2200時間。




●土壌●
ビエルソ地区は、やや酸性に傾いた土壌で、炭酸を欠いています。渓谷は傾斜よりも平均的に有機物や窒素の値が大きく、それは、牛を育てている密度にも関係しています。ブドウの品質を決めているのは、そのロケーションであり、ブドウは川に隣接し、少し傾いた段々畑や半段々畑の傾斜上にあります。標高は、450-1000m。

メンシア

メンシアは、スペイン北西部原産の黒ブドウ品種です。主にカスティーリャ・イ・レオン州(特にスレートと沖積土壌のビエルソ地区は適している)で栽培されており、その他、近隣のガリシア州のDOバルデオラス、DOモンテレイ、DOリベイラ・サクラでも栽培されています。メンシアは、厚い皮をもち、バイオレットブルーのブドウで、一度はカベルネ・フランと関係があると考えられていましたが、近年のDNAテストにおいて、このセオリーは反証され、実際は遺伝子的にポルトガルのジャエンと同一であることがわかりました。


過去のメンシア品種から造られるワインは、ライトボディで収斂性があり、シンプルで素朴なローカルワインでした。しかし、近年、栽培方法の改良や手入れを細かくすることで、素晴らしい結果を出している品種でもあります。最近のワインは、明るくヴィヴィッドなマルーンカラー、フレッシュな酸とタンニン、黒っぽい果実のフレーバー、ミントやタイムのハーバルなニュアンスがあります。

PAGE TOP