日本グランドシャンパーニュ official site




Nihon Grand Champagne, Inc official site

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

JAN CODE: 8423172011070

モン マルサル カバ・グランキュベ ブリュット レゼルヴァ

参考価格(税込): 2,915
メーカーURL: http://www.mont-marcal.com/
毎年のようにベルギーのモンド・セレクションやインターナショナル・ワインチャレンジで数々の賞を獲得する、国際的にもその活躍が華々しいスペインのモンマルサルは、地元ペネデスでも、最もプレステージの高いセラーの一つとして、その地位を確立しています。品質のよさから世界中で愛され、今や世界25ヶ国へ、年間450万本を出荷しています。



味わい:
ピーチやシトラスフルーツのフレッシュな香り、フローラルな香り、ブリオッシュやイースト、ハチミツ。フレッシュでいてとてもフルーティ。バランスが取れており、とてもエレガント。





醸造:
品種毎に収穫し、別々に発酵します。収穫後、除硬し、12℃に冷却。0.2kgの空気圧でゆっくりとプレスし、一番搾りのものだけがセレクトされます。重力による清澄を施した後、低温発酵が2週間行われます。それぞれの品種をブレンドし、電気透析法で酒石除去を行い、最後にマイクロフィルターにかけます。瓶内二次発酵はセラーで最低15ヶ月行われます。デゴルジュマンの後、リキュールを添加し、糖分を調整します。



フード・ペアリング:
お魚や貝、白身のお肉、羊乳のチーズ、パスタ、米料理、豚肉料理、サラダ、特にストロベリーを使ったデザートとよく合います。供出温度は、6-8℃が理想的。

Mont Marcal ~フォルテッシモなワイン造り~

モン・マルサル・ヴィニコラはペネデスの中心地マス・リュ・デ・ダルトにあるワイナリーで、1975年マニュエル・サンチョによって設立されました。マニュエル・サンチョは長い間、音楽の世界で活躍した後、ワインの世界に身を投じたユニークな経歴をもつ人物です。そんな音楽を愛する彼が造るワインは、めりはりのあるフォルテッシモなワイン。どれもはっきりとした、強い果実味が印象的で、飲みごたえを感じます。

現在では、創立者の娘のブランカ・サンチョがヤングプロフェッショナルチームと共にセラーを運営しています。ヤングプロフェッショナルチームは、マニュエル・サンチョが築いたセラーオリジナルの哲学と新しい時代の精神をワイン造りに生かしています。




●ブドウ園の特性●
現在、標高220メートルの場所に40ヘクタールの自己所有畑と約300ヘクタールにおよぶ契約畑で、マカベオ、チャレッロ、パレリャーダ、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、モスカテル、メルロー、テンプラニーリョの品種を栽培し、D.O.カヴァ、D.O.ペネデス、D.O.カタルーニャの3つの原産地呼称ワインを造っています。



●国際的にも認められた品質保証●
モンマルサルのワインとカヴァはISO9001、BRC(British Retail Consortium,Global Standard Food)、IFS(International Safetey Food Standard)という世界基準をクリア。品質と安全性を最大限保証できるものを提供できるような生産努力を続けています。




●モンマルサルを支える最先端技術●
●セラーキャパシティー
セラーの最大貯蔵能力はステンレススチールタンクでおよそ100万リットル。250バーレルのアメリカン・フレンチ・ハンガリーオーク樽(それぞれ225リットルの容量)が保管できます。


●分析研究所を自社所有
微生物的、物理学、化学的分析を行う研究所を自社で所有。ブドウ、ワイン、残留水に関する100以上の試験を行っています。


●製造工程
1時間あたり、3000本を可能にするボトリングライン、6000本を可能にするデゴルジュマン、6000本を可能にするティラージュラインがあります。ワインを製造する全てのライン、デゴルジュマン、ティラージュラインには、マイクロフィルタリングシステムや殺菌システムを全自動配備。


●熟成専用スペース
セラー内にある6500㎡の熟成スペースは4つのディヴィジョンに分かれており、最高で600万本を貯蔵することが可能です。


●環境への配慮
作業に使用された水を処理するプラントが完備され、そのキャパシティは5000人が住む町と同等です。

カバの歴史

カバは1872年、コドルニュー家のホセ・ラベントスが初めて造ったスペインのスパークリング・ワインです。彼はペネデス地区のワイン醸造開拓者であるミゲル・ラベントスの跡取り息子で、フランスのシャンパーニュ地方を旅した後、その地の醸造法をスペインに持ち帰り、マカベオ、チャレッロ、パレリャーダ種をブレンドし、スペイン最初のスパークリング・ワインを造りました。ラベントスは彼のボデガに新しい醸造機械を設置し、当時にしては最新の技術を取り入れ、カバの商業化拡大に挑みます。1920年、スペインにおけるカバ産業は強化され、60年代には飛躍的な成長を見せ、80年代には世界的成功を収めます。




原産地呼称カバは、他のDOのように地域を指定して認定された原産地呼称ではなく、ワインの製法によって分類された特殊なDOです。カバはカタルーニャ州に地域限定されたDOでないにもかからわず、その99%の生産がカタルーニャ州にあるペネデス地区に集中しています。限定されたスペイン産白品種のブドウを使用し、伝統的な「シャンパン式醸造法」で知られている、ボトルでの第二次発酵システムで造られたスパークリングワインを指しています。カバはペネデス地区以外でも、アラゴン州、ナバラ州、ラ・リオハ州、エストレマドゥーラ州、そしてバレンシア州などスペイン各地で醸造されています。

PAGE TOP